学校選びのプロが本気で解説!絶対に後悔しない合宿免許のオススメ校

学校選びのプロが本気で解説!絶対に後悔しない合宿免許のオススメ校

合宿免許に行くにあたって、無数にある学校からどの学校を選べばよいか分からず困っていませんか?
そんなあなたもここで紹介する学校選びの方法やオススメの学校を知れば、簡単に自分に合った学校選びをすることができるようになりますよ!
なぜならここでは、人によって幾通りにも分かれる学校選びにおける決定要因を、教習所情報に詳しい筆者がプロの視点からそれぞれ事細かに解説しているからです。
読み終えていただければ自分の希望条件に合った良い学校を必ず見つけることができるようになります!


【1】そもそもなぜ合宿免許がオススメなのか!合宿免許の5つのメリット

まずは合宿免許のメリットについて確認しておきましょう。
この章では合宿免許の特徴の中から、特におさえておきたい5つの項目について解説をしていきます。合宿免許を検討しているという人も、まだ決めかねているという人も、読んでいただければなぜ合宿免許がオススメなのかが分かるものとなっています。

1.通学に比べて料金が安い!〜教習料金を安く抑えたい方へ〜

通学に比べて料金が安い!

合宿免許は通学に比べて料金が安く設定されていることが多いです。一般的に合宿免許の相場が「25万円前後」であるのに対して、通学の相場は「30万円前後」となっています。
もともと合宿免許は、近隣に教習所がなく通学が困難な人たちが短期間で安く免許を取得するための救済策として生まれたものなのですが、これを利用しない手はないです!筆者自身、免許を取得する際には教習料金を抑えるために、料金が安くなるオフシーズンの合宿免許に参加しました。教習料金を安く抑えたい、という人には合宿免許がオススメなのです。

2.短期間で免許取得が可能!〜早く免許を取得してしまいたい方へ〜

短期間で免許取得が可能!合宿免許であれば最短14日ほどで免許取得が可能です!できるだけ早く免許を取りたい、という人には合宿免許がオススメです。
通学の場合、1日あたりの教習可能上限数や、技能教習の予約状況などの関係から、早くても卒業までに2~3ヶ月ほどかかってしまいます。
サークルやバイトで忙しく通学のためのスケジュール調整が難しい、教習のたびに予約をするのが面倒、長期期間中に免許をとりたい、という方は合宿免許を利用して2週間で免許を取得してしまいましょう!

3.旅行を兼ねて免許を取得することが可能!〜教習期間も楽しく過ごしたい方へ〜

旅行を兼ねて免許を取得することが可能!合宿免許の醍醐味は何と言っても合宿先の観光やレジャーを楽しむことができるという点にあります!学校は全国にあるので、行ってみたいエリアから学校を選ぶというのもいいですね。
 また、多くの学校では参加者に交通費の支給・補助があります。せっかくの2週間の合宿、普段では行けないような遠くのエリアを検討してみるのもありです!
 「免許を取得したいけど長期休暇は友人と楽しく過ごしたい」という人や、「カップルで旅行を兼ねて免許を取得したい」という人にも合宿免許はオススメです!

4.合宿免許ならではの出会いがある!〜1人参加を考えている方へ〜

合宿免許ならではの出会いがある!合宿期間中は多くの人と交流の機会があり、また距離が縮まりやすいため、通学では得られない様々な出会いをすることができます!グループはもちろん、 1人参加を考えている人にも合宿免許はオススメなんですよ。
筆者の友人の中には、現地で友人を作ることはもちろん、合宿免許での出会いをきっかけに交際に至ったという人もいます。
合宿免許での「出会い」について以下のページでも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください(『合宿免許で出会いをつかむために不可欠な条件と6つのテクニック

5.通学にはない様々な保証がある!〜初めての運転が不安な方へ〜

通学にはない様々な保証がある!合宿免許では様々な保証を受けることができます。多くの合宿校では卒業まで技能教習や検定についての保証があり、保証の範囲内であれば万が一検定などに落ちてしまったとしても補修などに追加料金はかかりません。
 また、食事つきのプランであれば合宿中の食事についても保証されます。普段自炊をしない、という人にも安心です。
 他にも学校によって保証の種類や内容は異なりますが、こうした保証の存在は通学と比較した際にかなりのメリットとなります。筆者自身、初めての運転に際してはかなりの不安を抱いていたので、卒業までの保証が得られる合宿免許を選択しました。


【2】学校選びのプロが解説!学校選びにおける5つのポイント

なぜ合宿免許がオススメなのかが分かったところで、次に学校選びの方法についておさえていきましょう。
 この章では多くの人にとって学校選びの最終的な決定要因となっている、5つのポイントについて解説しています。学校を選ぶ際には、これらを一通り確認した上で、自分が特にどのポイントを重視したいかを把握することが大切です!
 そうすることで自分にどんな学校が合っているのかが分かり、また最終的に候補の中から入校する学校を決める手がかりにもなります。

1.料金について

料金について料金を重視して学校を選びたいという人は、当然できるだけ教習料金を安くおさえたいですよね。ここでは料金をおさえる主な方法について解説します。

 

 

(1)入校時期によって料金は変動する

まずはいつ合宿免許に行くのかを決めましょう!
なぜなら、合宿免許は入校する時期によって料金が異なるからです。一般的に、大学生の長期休暇中に当たる「2月中旬から下旬」、「8月上旬から中旬」は申し込みが殺到するため、料金が高くなる傾向にあります。
教習料金を安く抑えたい、という場合にはそれら学校の繁忙期から少しでもずらすことが大切です。閑散期であればトップ料金に比べてかなり料金は下がりますよ。また、同じ長期休暇のシーズン中でも2月上旬や3月中旬以降、8月下旬や9月であれば料金をおさえることができます。

料金変動
出典:https://ziplus.jp/costdown

(2)車種はAT車がオススメ

料金をおさえたいという場合にはAT車を選択しましょう。学校によって料金は異なりますが、AT車はMT車と比べて15,000円ほど料金が安くなり、また必要日数も2日ほど短くなります。
 また、2016年の日本自動車販売協会連合会の統計によれば、国内の乗用車の販売台数のうちAT車の割合は約98.4%であり、一般的に普通車免許を取得する際はAT車限定で十分な状況であるといえます。近年では業務用の車にもAT車が増えており、MT車の免許が必須ではなくなっています。

(3)宿泊プランは相部屋で自炊を選択する

学校によっては様々な宿舎プランを用意していますが、料金を重視する場合には相部屋のプランを選択しましょう。
相部屋に抵抗を感じるという人もいるかもしれませんが、合宿先ではすぐに馴染むことができるようになりますよ!筆者自身、合宿免許に参加した際には10人ほどの相部屋で生活をしましたが、3日目あたりからは料理を分担して行ったり、オフタイムに一緒に遊びに出かけたりするなど距離を縮めることができました。
注意事項として、食事代をおさえるために自炊プランを選んだ場合には、外食はできるだけ控えることを心がけましょう。

(4)保証内容やキャンペーンについてもチェックする

もし検討している学校が複数あり、それらの学校の教習料金がほとんど変わらないという場合には保証内容やキャンペーンについて比較をしましょう。学校によって料金が様々であるというのはもちろんのこと、保証内容についても学校によって違いが見られます。たとえ同じ料金でも、延泊無料保証期間が長いなどの違いがあればそちらの方が安心ですよね。
 また、教習所によっては時期によって割引キャンペーンを実施する学校があります。中には該当期間であれば相部屋からシングルへの変更料金が無料になるなどの場合もありますので、逃さずチェックしましょう!

2.エリアについて

エリアについてエリアを重視して学校を選びたいという人は、まず近場の学校がいいのか、遠くのエリアの学校を含めて探すのか、のどちらかを決めましょう。ここではそれぞれについて解説しているので、参考にしてみてください。

 

(1)アクセス重視!家から近い学校を検討する場合

何かあった時などにすぐに家に戻れる場所にいたい、卒業後に運転するであろう地域で教習をしたい、という人には近場の学校がオススメです。
ただし、もしあなたが学校までの交通費だけを気にして近場の学校を考えているというのであれば、一度他のエリアの学校も含めて検討してみるのがオススメです。理由は1章でも述べましたが、合宿生には交通費の支給・補助があるからです。
また、学校によっては周辺に入校不可地域を設けており、それに該当する場合には入校ができないので注意が必要です。

(2)良い学校を求めて!遠くのエリアを含めて学校を検討する場合

ある程度遠くの学校も含めてエリアを検討したいという場合には次のような検討軸があります。「人気の学校がある」、「有名な観光地がある」、「自分が普段行けないような場所」などです。
様々な選び方が考えられますが、やはりオススメなのは免許取得に兼ねて旅行や観光を楽しむことができる場所を選ぶことです。合宿免許の醍醐味を味わうことができます。
教習生活はほとんどの人にとって一生に一度の経験となるので、後悔のないエリア選択をしましょう。

3.宿舎について

宿舎について宿舎について検討をする際には「宿舎館内の設備について」のものと、「自分が泊まる室内について」のものとに情報を分けて整理しましょう。
外観やエントランスは立派なものの肝心な泊まる部屋の設備が悪い、といったことは避けたいですよね。
宿舎情報を調べる際には外観写真ばかりにとらわれず、この2つのポイントについて把握した上で検討をしましょう。

(1)オフタイムの充実度はここで決まる!宿舎館内の設備について

宿舎館内にある設備の良し悪しによって合宿生活は一変します。なぜなら合宿期間中、校舎に次いで過ごす時間が長いのはやはり宿舎だからです。
たとえば、館内に共同ラウンジなどがあれば他の参加者との交流も望める他、思わぬ出会いにつながるかもしれません。また、近年では宿舎内にコミックコーナーや、フィットネスルームを備えた学校もあります。
他にも貸出自転車を備えた宿舎であれば、生活環境が大きく広がってとても便利です。

(2)ちろん最重要なのは自分の部屋!泊まる部屋についてのチェックは入念に

この項目が学校選びにおいて最も重要な項目となる人も少なくありません。
なぜならやはり2週間という期間を過ごす以上、毎日の始まりと終わりを過ごす自分の部屋に不満があった場合、どうしても期間中大きなストレスの原因となってしまうからです。
入校後に後悔をしないよう、テレビやWi-Fiはあるのか、各部屋に水道・トイレはあるのか、など譲れない条件がある場合には事前に確認をしましょう。

(3)部屋のタイプについて

部屋のタイプについて、合宿中もプライベートの時間を必ず確保したいという人は、グループでの入校であってもシングルの部屋を選択することをオススメします。
仲の良い友人達と同じ部屋で過ごす合宿生活は楽しいものですが、その反面やはり自分の時間を確保することが難しいものです。
特に普段一人暮らしをしている場合には、2週間にわたって自分だけの部屋がない生活をストレスに感じてしまうこともあるかもしれません。

4.校舎について

校舎について

(1)宿期間中で最も長い時間を過ごす場所

当然のことながら、合宿中は多くの時間を学校校舎で過ごします。その上で教習以外の時間も校舎で過ごすことになる、ということも忘れてはいけません。歩いて帰ることが可能な宿舎がある場合などは別ですが、基本的には教習のスキマ時間は校舎で過ごすことなります。なので、校舎内にくつろぐことができる場所や、友人・他の参加者と交流できる場所があるのかなど事前に確認をしておきましょう。

(2)新しくて綺麗な校舎がいいのはもちろん!設備内容についてもチェックをしよう

宿舎と同様、校舎においても設備の確認をしましょう。⑴でもあげたオフタイムを過ごす場所として、最近では校舎内にカラオケルームや卓球場等を備えた学校もあります。そういった校舎であればスキマ時間に退屈することもありません。
また、コンピューター学習室などの学科試験のための勉強をすることができる設備も重要です。学科試験は人によってはかなりつまずく場合もあるので、そういった設備の存在は入校前に思っている以上に響きます。

5.周辺環境について

周辺環境について2週間という長い期間生活をするのですから、周辺環境についてのチェックも欠かせません。ここでは「生活地としての環境」と「旅行先としての環境」という2点に分けて検討をしていきましょう。

 

(1)優先すべきは身の回りの充実から!「生活地としての環境」について

合宿校はその性質から繁華街などから離れた場所に位置することが多いのですが、ある程度生活用品を取り扱っているお店がなくては思わぬ不便があるかもしれません。
最低限でもコンビニやスーパー、ドラッグストアが宿舎や校舎から徒歩圏内にあるのか、またはそれらに通じた巡回バス等があるのか程度は把握しておくことをお勧めします。学校によっては送迎を行ってもらえるところもありますよ。

(2)合宿免許も長い旅行の1つ!「旅行先としての環境」について

せっかくの合宿生活、周辺の観光も楽しみましょう!
 特にエリアを重視して学校を選ぶという人はこの項目については必ずチェックです。目的の観光スポットなどが決まっている場合、学校や宿舎周辺の交通機関の利便性がほとんど必須条件となります。必ずチェックをしましょう。
 またその他にもカラオケやボーリング場など、ある程度のレジャースポットが周辺にあるのかどうかの確認もしておきましょう。スキマ時間や、現地で仲の良くなった人と過ごす時間に利用することができます。


【3】プロが自信を持ってお勧めする、地方別オススメ校6選

これまでの章では学校選びのポイントについて主に解説しました。ここでは実際の学校情報について解説していきます。各地方からオススメの学校を選出しているので、前章までで分かった自分の中の優先順位をもとに学校の検討をしてみましょう。

1.北海道・東北地方

「観光が充実!世界遺産や盛岡三大麺を楽しもう!」
平泉ドライビングスクール

平泉ドライビングスクール平泉ドライビングスクール

こちらの学校は岩手県に位置していますが、東京駅から新幹線で1本(2時間半ほど)なので、関東圏からもアクセスがいいんです!
宿舎はホテルから旅館まで選べるので、1人でも団体での参加でも快適に過ごすことが出来ますよ。旅館には温泉もあるので合宿期間中は日々の疲れから解放されます。
また、2016年にリニューアルしたウッド調の校舎はとってもオシャレ!毎日の教習に向かうモチベーションも上がりますね。校内の宿舎やホテルはともにWi-Fiを完備している他、隣接したレストランではケーキ・ランチバイキングを楽しむことが出来ます。教習の空き時間も退屈することなく過ごすことが出来ますよ!
その他にも入校者の特典として、平泉の観光名所をまわる無料バスツアーがあるなど魅力が満載の学校となっています!近くに住んでいないとなかなか体験することができない本場の冷麺やわんこそばを楽しむのもいいですね。

こちらの学校に関して、詳細は以下のページから確認することができます。
https://i-drive.jp/search/detail.html?school_id=118

2.関東地方

「都心からもアクセス抜群!施設の充実した宿舎が快適です」
赤城自動車教習所

赤城自動車教習所赤城自動車教習所

東京駅からは新幹線でたったの50分で首都圏からのアクセスは抜群です!
群馬県と栃木県に教習所を6校有する「赤城グループ」の学校であり、北関東では随一の設備を誇る教習所の一つです。教習者としてプリウスを運転することができるというのも人気の理由の一つとなっています。
宿舎である「まえばし合宿所」は、リニューアルによって綺麗で快適です!全ての部屋がシングルまたはツインルームとなっているので、合宿中もプライベートはしっかり確保できますよ。もちろん館内はWi-Fiを完備しています。カフェのようなおしゃれな食堂は合宿生に人気で、その他の設備もコミック、インターネットコーナーからフィットネスルームまであり、オフタイムも退屈しません。
また、近くに大学のキャンパスがあるため、周辺には大型ショッピングセンターやレジャー施設、カフェ等様々なお店があります。利用者の人数分のレンタルサイクルを備えているので、教習の空き時間に街中を散策するのもいいですね!中でも数々のラーメン誌に取り上げられた担々麺専門店「たんさゐぼう」は絶品で、筆者個人的におすすめです!

こちらの学校に関して、詳細は以下のページから確認することができます。
https://i-drive.jp/search/detail.html?school_id=369

3.北陸・東海地方

「テニスコートにカラオケ、屋内プールまで!リゾート気分で合宿生活」
はいなん自動車学校

はいなん自動車学校はいなん自動車学校

新幹線を使えば東京からは約2時間、大阪からは約2時間半と、東西どちらの地域からもアクセスが良く人気の教習所です。天気の良い日は富士山を望みながら、気持ちよく教習を受けることができます。
こちらの学校では学校寮からアパートタイプ、民泊、リゾートホテルまで様々なタイプのものから宿舎を選ぶことができます。中でもオススメは海岸から徒歩1分の位置にある豪華なリゾートホテルプランです。こちらはテニスなどの球技を楽しむことができる他、カラオケや屋内プールまで備えているという驚きの施設内容なんです!オフタイムも充実すること間違いなしですね。
近くの静波海水浴場・さがらサンビーチでは海水浴を楽しむことができるのはもちろん、日程が合えば花火大会を楽しむこともできます。他にも静岡ならではの観光として、お茶の手摘み体験をしてみるのもいいですね。

こちらの学校に関して、詳細は以下のページから確認することができます。
https://i-drive.jp/search/detail.html?school_id=645

4.関西地方

「教習所とは思えない驚きの施設内容!絶対にあなたを退屈させません」
倉吉自動車学校

倉吉自動車学校倉吉自動車学校

学校のある北栄町は通称“コナンの里”との呼び名があります。「名探偵コナン」の作者、青山剛昌の出身地として知られていて、観光客の方で賑わう町です。また、鳥取県は言わずと知れた砂丘はもちろん、近年『蟹取県』や『星取県』としても注目を集めています。そんな魅力あふれる場所で一味違った教習生活を送ってみませんか?
校内には毎日の日替わりメニューが人気のレストランや、教習の合間の時間を過ごすのに最適なオシャレなウッドテラスの他、映画館並みの音響を備えたシアタールームやカラオケ施設、卓球コーナー、約3千冊のマンガが並ぶ部屋などなど、教習所としては驚きの施設が用意されています!この学校であれば退屈とは無縁の合宿生活を送れること間違いなしですね。
また、ランチタイムの際には週に一度スイーツバイキングが開かれます。入校者にとっていつも人気のイベントになっているようです。他にも女子寮にはフィットネスルームがあり、運動が不足しがちな合宿生活の中でも汗を流してリフレッシュすることが出来ます。備えつきのマッサージチェアで慣れない運転による疲れを癒すのもいいですね。

こちらの学校に関して、詳細は以下のページから確認することができます。
https://i-drive.jp/search/detail.html?school_id=954

5.九州・沖縄地方

「ハウステンボスに佐世保グルメ!人気の長崎観光を満喫しましょう」
共立自動車学校・日野校

共立自動車学校・日野校共立自動車学校・日野校

福岡から新幹線で約2時間、九州は長崎県佐世保市にある教習所です。学校周辺は観光地として全国的にも有名なハウステンボスをはじめ、グルメでは佐世保バーガー、長崎ちゃんぽんなど見所たっぷりの街となっています。
宿舎はオートロック・防犯カメラ付きでセキュリティ万全のものや繁華街のホテルプラン、友人と楽しく過ごせるグループルームプランなど様々なタイプからお選びいただけます。周辺にはテニスコートやプールがあるのでオフタイムに体を動かしてリフレッシュすることもできますよ。ショッピングセンターやレンタルビデオ屋も近くにあり、コンビニは教習所敷地内にあるので、合宿中はとても快適に過ごすことができます!
その他にも特典として、入校者には「ハウステンボス入場割引券」・「九十九島パールシーリゾート利用券」・「佐世保~長崎市内 高速バス往復乗車券」の中から1つ希望したものがプレゼントされます。長崎観光には欠かせないものばかりなので利用しない手はありませんね!毎週日曜日が完全休校日となっているので、観光や佐世保グルメを思う存分楽しみましょう!

こちらの学校に関して、詳細は以下のページから確認することができます。
https://i-drive.jp/search/detail.html?school_id=1160

「夢の沖縄長期滞在!一生の思い出を作るならココです!」
北丘自動車学校

北岡自動車学校北岡自動車学校

羽田空港から那覇空港まで約2時間半、沖縄での合宿生活があなたを待っています!最短日数で卒業する場合でも、AT車であれば18日間、MT車では20日間、沖縄に滞在することができます。これだけ長期間の滞在は一生に一度の体験になるかもしれませんね。
 この学校であれば、まさに免許取得と観光が両立した生活を送ることができますよ!期間中利用する宿舎「かいほう」は教習所に隣接しているため、1日の教習が終了した後はすぐに観光に行くことができます。宿舎にはレンタル自転車やレンタル原付きなども用意しているため移動手段にも困りません!有名な観光スポットに行くのはもちろん、徒歩圏内に海水浴場もあるので様々なマリンスポーツを楽しむこともできます。
 また、週末には様々な体験、観光ツアーが開催されます。体験ツアーでは海でのシュノーケリングやダイビング体験、観光ツアーでは美ら海水族館やアメリカンビレッジ、水納島、首里城、国際通りなどの沖縄の名所観光を楽しむことができますよ。そしてなんとこのツアーはいずれも参加費は無料となっています!思う存分沖縄観光を満喫しましょう!
 せっかくの長期休暇の間に参加する合宿免許、期間中も楽しい生活を送りたいという方にぜひオススメの学校です!ぜひ、他の学校では体験できない充実した合宿生活をお楽しみください。

こちらの学校に関して、詳細は以下のページから確認することができます。
https://i-drive.jp/search/detail.html?school_id=1264


【4】まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまで読んでいただけたあなたであれば学校選びについて必要な知識がきっと得られたはずです。
人気校や近くの学校を選ぶというのは、もちろん1つの選択肢ではありますが、大切なのは自分が重視したい条件に合う学校を選ぶことです。これまでに解説してきた事項をもとに自分の希望を確認し、後悔のない学校選びをしてください。

業界初の特典付検索サイト【合宿免許アイディ】

合宿免許アイディはクチコミ情報をもとに厳選された合宿免許プランを持つ教習所のみを掲載したポータルサイト。合宿免許アイディからお申込み頂くと免許取得後のカーライフや学生生活向けのサービスで限定の特典をご利用いただけます!あなたに合った自動車教習所を見つけてください!

コメント