人気のこだわり条件で探す

学校を探す

宿舎を探す

運転免許コラム

運転免許や合宿免許に関する役に立つ事がたくさんまとめられているよ。

合宿免許

免許合宿と通いどっちが良い?それぞれの特徴と選び方

自動車の運転免許の取得方法には、免許合宿と教習所への通所という2つのパターンがあります。どちらが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。合宿と通いではかかる費用や期間が異なります。それぞれの違いを知り、自分にあった方法で運転免許の取得を目指しましょう。

免許合宿と通いの教習所での免許取得の比較

運転免許の取得方法を決める前に、まずは免許合宿と通いの教習所の違いを知っておきましょう。合宿と通いでは、卒業生の多さやかかる費用、取得までのスピードなどが異なります。

免許合宿と通い卒業生はどっちが多い?

免許合宿と通いの教習所では、通いの教習所のほうが卒業生は多いです。自動車の運転免許を取得する人のおよそ9割近くが通いの教習所を利用するからです。

免許合宿は友人と一緒に行く人もいますが、実際は一人で参加している人も多いようです。

免許合宿と通いの教習所費用はどっちが安い?

教習所費用は合宿か通いかだけではなく、時期によっても異なります。一般的に免許合宿のほうが費用が安いイメージを持つ人が多いでしょう。

しかし、実際には免許合宿よりも、教習所に通うほうが費用の相場は安くなります。通いの場合は時期にかかわらず、通年同じ金額であることが多いので、通学も入校時期の人数は大小ありますが、金額面での閑散期表現に違和感を感じました。

費用
免許合宿 19~34万円
通いの教習所 23~38万円

費用は免許合宿のほうが4万円ほど安くなります。ただし、教習所や入校する時期によって大幅に異なるため、希望の教習所があれば問い合わせるのが確実です。

免許合宿と通いの教習所では免許取得までどっちが早い?

一般的に免許の取得までの日数が短いのは、免許合宿です。スムーズに試験に合格できた場合は、合宿だと最短2週間程度で免許を取得できます。

通いの教習所の場合でも、詰め込んで授業を受けた場合は最短1ヶ月程度で免許の取得は可能です。ただし、教習所によってはなかなか教習の予約が取れないことなどが原因となり、平均期間はおよそ2-3ヶ月です。

免許合宿での免許取得がおすすめの人

次の特徴に当てはまる人は、免許合宿での免許取得がおすすめです。

  • 免許を必要とする仕事に就きたい人
  • まとまったお金が準備できていない人
  • 観光を楽しみたい人
  • 新たな出会いを期待している人

免許を必要とする仕事に就きたい人

これから求職活動をするにあたり、免許を必要とする仕事も視野に入れているのであれば、短期間で免許が取得できる合宿がおすすめです。

たとえば営業職のように自動車を使うことが多い場合だと、企業によっては運転免許の有無や取得予定が応募条件になっていることもあります。免許合宿なら最短2週間程度で取得可能なので、就職前に時間をかけずに免許を取りたい人に適しています。

また、バスやタクシーの運転手、大型のトラックを使う仕事に就くためには、普通自動車免許だけでなく第二種免許が必要です。第二種免許自体は就職後に就労先で取得サポートを受けられることもありますが、第二種免許取得のためには、その前段階として普通自動車免許を取得しておく必要があります。普通自動車免許を持っていない人が第二種免許を必要とする仕事を目指す場合にも、できるだけ早く免許が取得できる合宿がおすすめです。

まとまったお金が準備できていない人

時期によって費用相場は異なりますが、閑散期なら通いの教習所よりも合宿のほうが費用が安く設定されています。合宿所のプランによっては20万円以下で取得できることもあるため、費用を抑えたい人は合宿を利用しましょう。

また、免許合宿の場合は大勢で参加する際に団体割引が利用できたり、宿泊施設を相部屋にすることで、より安く免許が取得できることがあります。

観光を楽しみたい人

免許の取得だけではなく、観光も一緒に楽しみたい人は合宿がおすすめです。合宿型の教習所は全国さまざまな場所にあるため、中には観光地に近い場所もあります。観光地近辺での合宿先を選べば、自由時間に観光を楽しめます。

2月~3月ごろなら、学校の卒業旅行もかねて、友人同士で免許合宿に参加する人も珍しくありません。合宿先によっては、観光ツアーなどの特典を用意していることもあるため、事前に調べてみてください。

新たな出会いを期待している人

新たな出会いを求めている人にも、免許合宿がおすすめです。免許合宿には全国各地から年齢や職業を問わずいろいろな人が集まります。普段の生活では出会わないような人との出会いがあることも、免許合宿ならではの魅力です。

ただし、免許合宿はあくまでも自動車免許を取得することが目的であり、出会いが目的ではありません。出会いだけを期待して参加し、人間関係のトラブルにならないように注意しましょう。

教習所通いでの免許取得がおすすめの人

免許合宿ではなく、通いの教習所がおすすめなのは、次の特徴に当てはまる人です。

  • 時間をかけて運転を学びたい人
  • プライベートな時間を大切にしたい人
  • コロナの感染リスクを抑えたい人
  • ローンを組みたくない人

合宿との違いを知り、自分にとって通いの教習所が向いているか否かを確認してみましょう。

時間をかけて運転を学びたい

ゆっくりと時間をかけて運転技術や知識を学びたい人は、通いの教習所が適しています。免許合宿は短期間での免許取得を前提としているため、過密なスケジュールが組まれています。合宿期間中に詰め込んで運転を学ぶことから、教習についていけなくなってしまう人や、疲れて集中できなくなってしまう人もいます。

免許の取得に焦っていないのであれば、自身でスケジュールを組める通いの教習所がおすすめです。

プライベートな時間を大切にしたい人

プライベートな時間を大切にしたい人は、通いの教習所が向いています。免許合宿の基本プランは相部屋で、費用を優先させようとすると知らない人と同室で宿泊することになります。オプションで個室を選択できる場合もありますが、水場やお風呂を共有したり、食堂では他の教習生と一緒になるというケースもあります。自由時間はあるものの、2週間程度の教習期間中は自由なタイミングでプライベートな時間が取れるわけではありません。

通いの教習所では、「今日は1コマだけ教習を受けよう」といったように自由に教習プランを立てられるため、プライベートな時間への影響もあまり大きくありません。教習生自体合宿よりも多いため、特定の人とばかり顔を合わせるということも合宿より少ないです。集団生活が苦になる人や、他の生徒の生活音などが気になりやすい人は、プライベートな時間を大切にしながら学べる通いの教習所が良いでしょう。

コロナの感染リスクを抑えたい人

コロナの感染リスクを抑えたい人は、通いの教習所がおすすめです。通いの教習所ではコロナ感染拡大防止策を講じており、場合によってはオンラインで学科教習が受講できることもあります。

合宿でも感染対策はしていますが、集団生活を送るという性質上、どうしても感染リスクは高くなってしまいます。コロナの感染リスクが気になる人は、合宿よりも通いの教習所のほうが良いでしょう。

ローンを組みたくない人

入校前にまとまったお金を用意できないものの、ローンを組むのは抵抗があるという人もいるでしょう。通いの教習所では、入校時の一括支払いだけでなく、検定や技能教習などで都度費用を支払うことができる教習所もあります。

合宿の場合は全額一括払いが多いため、費用総額が通いの教習所より安いとしても、一時的にまとまったお金を用意する必要があります。支払いの目途はあるけれど入校時には用意できない人でも、通いの教習所ならローンを組まずに免許の取得を目指せます。

免許合宿を選ぶときのポイント

合宿で免許を取得する場合は、次のポイントを参考にして合宿先を選びましょう。

  • 宿泊施設や特典を確認する
  • 延泊保証があるところを選ぶ

免許合宿を選ぶ際のポイントを把握しておけば、教習所選びで迷ってしまうこともなく、より快適な合宿先を選択できます。

宿泊施設や特典を確認する

合宿先によって、宿泊施設は異なります。主な宿泊施設は次の通りです。

  • 学校寮 
  • ビジネスホテル・リゾートホテル
  • 旅館
  • マンション・アパート

自分の好みにあわせた宿泊施設を選ぶことで、合宿中も快適に過ごすことができます。また、宿泊施設が同じでも、部屋の種類を選べる場合もあります。個室もあれば、ツインや相部屋などもあるため、希望のプランがあるかを確認しましょう。

宿泊施設だけではなく、特典の有無もチェックしておくことがおすすめです。観光地に近い合宿所なら、無料で観光ツアーの特典がついていたり、近隣のレジャー施設の割引があったりと、さまざまな特典が用意されています。オプションで食事内容を豪華なものに変更できる、友人同士複数人での参加であれば費用が割引されるなど、特典にもいろいろあるのでじっくり比較してみましょう。

延泊保証があるところを選ぶ

費用を抑えて合宿に参加したいなら、延泊保証のある合宿先を選びましょう。延泊保証とは、規定の宿泊期間を超えて延泊が必要になった場合でも、追加料金が発生しない特典です。

合宿では期間内に試験に合格できないと延泊が必要になり、保証がないと追加料金が発生します。料金は合宿先によって異なりますが、1日当たり3,000円~10,000円程度が一般的です。

合宿に参加した人のうち、10%程度は延泊が必要になります。そのため、不安な人は延泊保証のある合宿先を選びましょう。ただし、延泊可能な日数も合宿ごとに異なるため、保障内容も細かく確認する必要があります。

通いの教習所を選ぶときのポイント

通いの教習所を選ぶときのポイントは、次のとおりです。

  • 予約が取りやすいところを選ぶ
  • 自分の生活圏内で選ぶ

ポイントを把握して、自分に合った教習所を探しましょう。

予約が取りやすいところを選ぶ

通いの教習所は人気のところだと、なかなか授業の予約が取れないこともあります。そのため、スムーズに免許を取得したいなら、予約を取りやすい教習所がおすすめです。

教習所の混雑状況は、口コミなどで事前に調べておきましょう。また、広い教習所や教官や車両の多い教習所なら、比較的予約は取りやすいです。教習所によっては、優先的に授業の予約を取れるオプションを用意している場合もあるため、これを利用しても良いでしょう。

優先予約のオプション料金は教習所によって異なりますが、3~5万円程度が相場です。

自分の生活圏内で選ぶ

免許取得のための教習には、実際に運転技術を学ぶ技能教習というものがあります。最初は教習所内のコースを走行しますが、仮免取得後は教習所の近隣道路での路上教習がおこなわれます。

自分の生活圏内にある教習所であれば、路上教習の際に日常生活で頻繁に運転することになる道路を利用することも多いでしょう。特に免許を取得したばかりの運転に不慣れな人にとっては、道幅の広さや交通量によって運転のしやすさが大きく異なります。今後利用する道路に慣れておくためにも、生活圏内にある教習所を選ぶのがおすすめです。

免許合宿と通いの教習所のどっちが良いのかよく検討しよう

免許合宿と通いの教習所では、どちらもメリットとデメリットがあります。どっちがいいのかというポイントは、より自分のニーズにあっているのがどっちなのか、ということです。たとえば友人同士旅行を兼ねて参加したい人や、短期間で効率的に免許を取得したい人には免許合宿が向いています。一方、時間や費用よりもすきま時間を使って自分のペースで免許を取得したい人なら、通いの教習所が良いでしょう。

合宿と通いの教習所の違いを正しく理解して、自分に合った方法での免許の取得を目指しましょう。

アバター画像
ジップラス編集部 運転免許コンシェルジュ

合宿免許

新着記事

【2024年】夏休みの合宿免許|生協窓口よりお得?徹底解説します!

東京都の運転免許更新センター・運転免許試験場・指定警察署|手続きの詳細から注意点まで解説

大型免許はどう取得する?費用や条件など疑問を解決しよう

友達にシェアする

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

電話で相談・お申し込みの方 050-1752-8093

【電話受付】平日:10:00-18:30/土日祝:9:00-17:30

フォームで仮お申し込みの方 入校仮申し込み

【電話受付】平日:10:00-18:30/土日祝:9:00-17:30

Copyright© 合宿免許を探すなら【Do-Live】 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.