人気のこだわり条件で探す

学校を探す

宿舎を探す

運転免許コラム

運転免許や合宿免許に関する役に立つ事がたくさんまとめられているよ。

合宿免許

免許合宿の部屋の種類|費用が安い相部屋のメリットやデメリット

さまざまな教習所で用意されている免許合宿は、そのプランもそれぞれ異なります。免許合宿中に使用する部屋の種類も違いの一つ。一定期間を過ごす生活スペースとなるため、できる限り快適で免許取得の勉強に集中できる環境を選んだ方が良いでしょう。

この記事では免許合宿で用意されているおもな部屋タイプと特徴、安さが売りの相部屋のメリットやデメッリトなどを解説します。免許取得方法として免許合宿を検討している方はぜひチェックしてみてください。

免許合宿にある部屋のタイプと部屋割り

運転免許合宿は教習・試験・宿泊がセットになっているのが特徴です。免許合宿で運転免許を取得するためにかかる期間は、平均で2週間程度。教習に集中するためにも、いかに快適に過ごせる環境かというのは実は重要なポイントです。

ここでは免許合宿所における部屋のタイプと部屋割りについて解説します。免許合宿所選びの参考にしてください。

相部屋

一般的に、免許合宿でレギュラープランとされているのは相部屋を利用するプランです。3名以上で同一の部屋に宿泊するケースが多く、一人で免許合宿に申し込んだ場合は見ず知らずの人と共同生活をすることになります。

トイレや水回りなどは共用で、二段ベッドが設置されているケースが珍しくありません。たとえば「3名以上5名まで」というように定員数が決まっていることが多く、一部屋当たりの利用人数が増えるごとに費用が安くなります。

相部屋以外のプランにはオプション料金を設定している教習所がほとんどで、費用を安く抑えたいのであれば相部屋の利用がおすすめです。ただし、あまりに人数が多いとストレスの原因にもなるため、一部屋当たりの利用人数は事前に確認しておきましょう。

ツインルーム

「ツインルーム」は2人で同一の部屋を利用します。シングル料金より安く利用でき、相部屋よりは一部屋当たりの人数が少ないため、ストレスが軽減されるというのがメリットです。

たとえば学生の場合、友人と一緒に免許合宿に参加する人も多く、申し込みの際に友人との同室を希望する旨伝えておけば同室に宿泊できるのが一般的です。

シングルルーム

「シングルルーム」は一般的なホテルと同様に、一人一部屋1ベッド用意された個室宿泊型です。近年では近隣のホテルや旅館などを利用できるプランもあり、いわゆる旅行でのシングルルームと変わらない環境で過ごすことができます。

トイレやお風呂といった室内の設備を自由なタイミングで使えるため、日常生活の不便さを感じることが少なくなります。また、同一空間に他人がいれば少なからず気を遣うものですが、シングルルームであればコミュニケーション面でのストレスもありません。

貸し切り部屋

二人以上の友人同士複数人で大部屋を貸し切って利用するのが貸し切り部屋です。相部屋利用のレギュラープランと比較すると若干割高になることが多いですが、それでもツインルームやシングルルームよりは費用がかかりません。

できるだけ予算を抑えたいけれども知らない人との相部屋には不安を感じるという人や、卒業旅行をかねて友人同士で楽しく参加したいと考えている人にはおすすめです。ただし、合宿所によって貸し切りにできる人数が違うので、希望する合宿所に問い合わせて人数を調整する必要があります。

カプセルベッド

「カプセルベッド」は一般的なカプセルホテルのように、一人用のカプセルベッドが数十個用意されている合宿施設です。個室空間と個人用の簡易的なロッカーが用意され、その他の施設については共同で利用することになります。場所によっては小型テレビが設置されていることもあります。

狭い空間にはなりますが費用も安く、相部屋やツインルームと比較するとプライベートな空間を確保できるのがメリットです。一日の大半は教習所で過ごすことになるため、部屋の環境にこだわりがないのであれば選択肢の一つにしてみても良いでしょう。かつ

免許合宿で相部屋を利用するメリット

ここからは免許合宿で相部屋を利用するメリットについて紹介します。免許合宿では費用面の理由から相部屋を選択する人が多いようです。相部屋プランの具体的な費用感や、その他のメリットについても詳しく説明します。

費用が安い

相部屋は人数が多いほど免許合宿の費用が安くなるのが大きなのメリットです。シングルルームやツインルーム利用に比べると5,000円〜1万円前後安くなるケースもあります。

ただし、免許合宿の費用自体繁忙期と閑散期で異なることが多く、参加のシーズンによっての差額は10万円ほどになることも。具体的には2月から4月、7月から9月が繁忙期になり、それ以外の期間が閑散期です。費用を優先して選びたい場合は、免許合宿に参加する時期も吟味しましょう。

新しい出会いがあり、孤独感が少ない

免許合宿には全国各地から参加する人が集まります。年代もさまざまなので普段知り合えない人たちと友達になる機会があります。特に相部屋であれば、同じ部屋になった人とは長時間一緒に過ごすことになり、気が合う人同士仲良くなれることをメリットと考える人も多いようです。免許合宿は短期間に覚えなければならないことも多いです。

運転免許取得のための教習では、短期間に覚えることが多く、勉強につまづいてしまったり試験に落ちてしまったりということも考えられます。お互いわからないことを教えあい、励ましあうことで教習期間を楽しく乗り越えることができるかもしれません。実際、同室の人と他愛もない話をする時間が息抜きになったという声も多く、特に一人では考えすぎてしまう人や一人の時間が苦手な人には相部屋が向いています。

広いスペースで時間が過ごせることが多い

相部屋は知らない人と同一の利用にはなるものの、部屋のスペースそのものではシングルルームやツインルームよりも広いことが一般的です。そもそも、無意識であっても狭い空間では圧迫感がストレスになることもあり、快適に過ごすためには部屋自体の広さは意外にも重要な点です。

確かに知らない人と同一の部屋になることを不安に感じる人もいるようですが、大半の時間は教習所で過ごすため、相部屋で全員が揃うのは教習前後の時間だけです。教習の進み具合やスケジュールは人によって違うので、顔を合わせる時間は限られているという考え方もできます。

ただし、相部屋の定員数は宿泊施設によって異なります。いくら部屋が広くても、一部屋当たりの定員数が多すぎれば窮屈に感じます。そのため、相部屋利用を検討しているのであれば、申し込み時に部屋の広さと最大人数を確認しましょう。

免許合宿で相部屋を利用するデメリット

「費用を優先して相部屋を利用するのであれば、多少のデメリットは目をつぶろう」と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、相部屋利用か否かの問題ではなく、あまりにストレスが多い環境では体調に悪影響が出たり、教習に集中できなくなる可能性があります。

しかし、「想定外の自体に遭遇する」のと「ある程度想定していたことが起きる」のでは、ストレスの感じ方は大きく異なります。事前に理解しておくことでトラブルにスムーズに対応できることもあるので、相部屋利用の具体的なデメリットをいくつか理解しておきましょう。

同じ部屋の人に気を遣う

相部屋に一緒に宿泊する相手は同性同士ですが、その他の詳細は合宿当日までわかりません。同世代や気が合う相手とは限らず、同室での生活にストレスを抱えるケースも少なからずあります。友人同士でも一定の気遣いは必要なものですが、あかの他人と同一空間で過ごすには最低限のマナーや気遣いが必要です。

また、教習時間以外でのプライベートな時間は少なく、一人の時間を重要視する人にはあまり向いていない選択です。

設備を共有しなくてはいけない

免許合宿所の相部屋というのは寝るためのスペースが用意されているくらいで、トイレやお風呂、冷蔵庫などの設備は他の利用者との共用利用です。自由な時間にお風呂に入りたい、他人とトイレを一緒に使うのは気が引ける、といったことがあればストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

残念なことに、利用者の中には他人との共同生活ということに気が向かず、共用物を利用するうえでの基本的な気遣いが不足している人もいます。相部屋を利用する場合には、自身がマナーや気遣いに注意するのはもちろん、ある程度おおらかな気持ちで接したほうがかえってストレスを感じずに過ごせることを覚えておきましょう。

ストレスが溜まる

寮生活の経験がある人や、兄弟が多い家族構成の中で育っていれば、共同生活におけるストレスはある程度イメージができるかもしれません。免許合宿では短くても2週間程度にわたって共同生活が続きます。

コミュニケーション面ではトラブルがなくても、水回りの使用などの生活騒音や、イビキなどが思った以上にストレスになることもあります。ただでさえ日常とは異なる環境でもあり、そこにストレスがかかると体調不良の原因になったり、教習に集中できなくなったりすることもあるかもしれません。

日頃から人とのコミュニケーションで気疲れしやすい人や、他人との共同生活に慣れていない人は、費用よりも環境を優先して選択したほうが良い場合もあります。

相部屋であるよくあるトラブル

 

免許合宿で相部屋を利用する場合にまれにトラブルに巻き込まれることがあります。ここではトラブルになりやすいことについて紹介していきます。

たとえば貴重品の取り扱いなど、注意すべきポイントを理解しておきましょう。それだけでも大きなトラブルは起きにくくなりますが、何かトラブルが起きた場合には教習所や運営会社、依頼した代理店などに早めに連絡をして対処してください。

盗難被害

相部屋は複数の人がいろいろな時間に出入りするので、盗難被害に遭ってしまったという人もいます。多くの免許合宿所ではセキュリティボックスが用意されていて、貴重品の保管には配慮をしています。

そもそも運転免許取得を主な目的とする短期間の合宿であることを念頭に、持ち込む貴重品自体を最低限のものにしましょう。また、自宅とは異なる環境のため、盗難被害ではなくても持ち物の紛失が起こることも考えられます。

窃盗を疑われてしまうような事態を避けるためには、邪魔な場所からどかすだけの目的であっても他人の持ち物には触らないなど、自身の行動にも注意しましょう。

いじめやけんか

もともと知らない人同士が共同生活を送るため、コミュニケーション面で不満を抱えてしまうことも想定されます。そのうえ同室の人でなくとも教習時間が重なることなどがあれば、仲良くなれる人とそうでない人がいるかもしれません。全員が日常と異なる環境下に置かれているため多少のストレスを抱えていることもあり、些細なことからケンカになったり、陰口や噂話の対象になってしまうこともあるようです。

人間関係上で自身では解決できないほどのトラブルが発生してしまった場合は、まずは教習所に相談してみましょう。それでも対処してもらえなかったり、解決に至らない場合には運営会社や利用した代理店などに対応方法を相談しましょう。悪質なトラブルが何度も起こるようならスマートフォンにあるボイスレコーダー機能などで録音し、証拠を残すという自衛手段も検討しましょう。

免許合宿の部屋を選ぶときのチェックポイント4つ

免許合宿所や部屋のタイプを選ぶときにチェックしておきたい4つのポイントについて、紹介していきます。免許合宿の期間をより快適に過ごすために、事前にチェックして準備をしましょう。

1.設備とアメニティの充実度

免許合宿の宿泊施設は、学生寮のような施設からホテルや旅館、民宿、ペンション、マンションなどさまざまな種類があります。さらに、それぞれの宿泊施設におけるアメニティの充実度も異なります。

まず、トイレやお風呂、洗面台など共同利用の設備の数や利用人数を確認しておいてください。トイレやお風呂は個人用があるのか、共用であれば広さや利用可能な時間帯、利用のうえでのルールを確認しておくと安心です。また、Wi-Fiの有無を重要視する人も増えています。また、一つのWi-Fiをたくさんの人で利用すると速度が遅くなることがあるため、利用上不便がないかを確認しておきましょう。

冷蔵庫については共用の場合には利用方法の確認が必要です。その他、パソコン、テレビ、電気ポット、洗濯機、物干し場、乾燥機といった生活設備の有無や利用ルールは事前に理解しておきたいところです。机と椅子、勉強スペースなどが部屋にあるのか、もしくは学習ルームのような場所があるのかといったことも問い合わせておくと良いでしょう。

ホテルや温泉施設では、タオルや部屋着、シャンプー、ボディソープ、ドライヤーといったアメニティが用意されていることがあります。一方で、学生寮の場合にはアメニティが充実していない場合もあります。アメニティを確認しておくことで、どんな日用品を準備すべきか見当をつけやすくなります。

2.部屋の広さと一人分のスペース

免許合宿所を選ぶときには料金を優先して選ぶ人が多い傾向があります。、しかしシングルルームやツインルームといっても施設によって広さは異なります。また、相部屋であれば部屋の広さだけでなく1部屋の広さに対して一人分のスペースがどれくらいあるのかというのは懸念すべき要素です。

また、寝具が布団の場合もベッドの場合もあるので、気になる人は確認しておきましょう。特に身長が大きな人の場合は、ベッドの長さや幅を確認しないと窮屈な思いをするかもしれません。2段ベッドの場合には長さが短い、幅が狭いといった不便さを感じる人が多いようなので、事前に確認しておいたほうがよさそうです。

3.セキュリティ対策の有無

特に女性が利用する場合には、セキュリティ対策も重視してください。寮に管理人が常駐しているか、防犯カメラがあるかなどを確認しておくと防犯上の不安が軽減できます。申込時に男女別の寮を申し込む場合には、建物自体が別なのか、階を分けているのか、部屋ごとなのかは確認しておくことをおすすめします。

女性限定の施設だと思って申し込み、出入りする際の廊下で男性とすれ違う場合やエレベーターで一緒になることを想定していなかったというケースもあります。また、宿泊する建物が別でも食堂は同じという場合もあります。

そのほかにも、セキュリティボックスが人数分整備されているかという点や、災害時の避難経路についても事前に確認しておいてください。

4.利用した人の口コミ情報

なかにはパンフレットやWEBサイトでは、集客のために実際より見栄えの良い画像を使用している合宿所もあるようです。個々の合宿所の欠点は公式情報ではなかなか把握できないので、口コミ情報を参考にするというのも一つの手段です。

費用に対する設備の充実度や学習に集中できる環境の整備などについて、さまざまな口コミを見つけられます。費用についても最低料金が記載されているのみで、実際に問合せをしてみないと具体的な料金がわかりにくい場合などにも口コミが参考になることは少なくありません。

口コミを参考にする際の注意点は、人によって不安事項や重要視する点が異なるということ。たとえばシングルルーム宿泊者が低評価をつけていても、ツインルームや相部屋利用の際に同じ不便さを感じるとは限りません。口コミを確認する際には自身が特に気になること、不安に感じることを整理してから、その内容に関する口コミを探してみてください。

免許合宿の部屋は料金だけでなく総合的に決めて

短期間で集中して運転免許が取得でき、料金も割安なのが免許合宿のメリットです。しかし、日常とは異なる環境で教習に集中するためには、料金だけでなく部屋のタイプも含めて総合的に考えて免許合宿所を検討しましょう。

費用や期間を優先して免許合宿という方法を選んでも、教習に集中できない環境のために試験に落ちることがあれば、想定していた宿泊期間より延びてしまうこともあれば、その分費用が余分にかかってしまうということもあります。効率的に運転免許の取得を目指すのであれば、予算内でより快適に過ごせる環境を準備するというのは重要なポイントです。

たとえ友人同士であっても、2週間ほど同じ空間にいるとストレスを感じたという人もいます。人間関係や生活環境において、どんな点で自分がストレスを感じやすいかということをまずは整理してから最適なプランを選んでください。

アバター画像
ジップラス編集部 運転免許コンシェルジュ

合宿免許

新着記事

【2024年】夏休みの合宿免許|生協窓口よりお得?徹底解説します!

東京都の運転免許更新センター・運転免許試験場・指定警察署|手続きの詳細から注意点まで解説

大型免許はどう取得する?費用や条件など疑問を解決しよう

友達にシェアする

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

電話で相談・お申し込みの方 050-1752-8093

【電話受付】平日:10:00-18:30/土日祝:9:00-17:30

フォームで仮お申し込みの方 入校仮申し込み

【電話受付】平日:10:00-18:30/土日祝:9:00-17:30

Copyright© 合宿免許を探すなら【Do-Live】 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.