人気のこだわり条件で探す

学校を探す

宿舎を探す

運転免許コラム

運転免許や合宿免許に関する役に立つ事がたくさんまとめられているよ。

合宿免許

免許合宿で辛いと感じるのはどんなとき?快適に過ごすための方法を解説

免許合宿は、約2週間で運転免許の取得を目指します。「短期間で効率良く免許が取れる」というメリットがある反面、「一定期間ずっと合宿所で教習を受けて過ごさなければならない」という点が気になる方もいるでしょう。

そこで本記事では、免許合宿で辛い思いをすることなく過ごすために大切なポイントを解説します。辛いと感じやすい経験をもとに、プランの選び方や合宿期間中を快適に過ごすためのヒント、辛いと感じたときの対処法も紹介するので、免許合宿を検討中の方はぜひ参考にしてください。

免許合宿中に辛いと感じやすいこと

免許合宿では、実際どのようなときに辛いと感じるのでしょうか。辛いと感じやすいケースを事前に知っておけば、あらかじめ対策をたてておくこともできます。辛いと感じやすい経験を紹介します。

スケジュールが詰まっていて休みがない

免許合宿は、短期間での免許取得を目的としているため、基本的には土日も休みがありません。最初からわかっていても、実際に休みがないと合宿中に辛く感じるケースもあるようです。

休校日があるプランを用意しているところもありますが、その場合は合宿期間自体が長く設定されています。最短期間で免許を取得する場合は、短期集中スケジュールで毎日教習がおこなわれると考えておきましょう。

孤独感がある

免許合宿は一人で参加する人も多く、合宿中に友達ができなくて孤独感を感じたという人もいるようです。

時期によっては、卒業旅行を兼ねて友人同士で参加する学生が多い場合もあります。ほかの参加者と年齢に差があったり、友人同士のグループ参加者が多かったりする場合、合宿中に話し相手がなかなかできず、寂しい思いをする可能性があります。

相部屋を選んでしまいストレスが溜まる

相部屋の場合、ほかの参加者の生活音や会話、いびきなどが気になり、ストレスに感じる場合があります。一人の時間がないためリラックスしてくつろげなかったり、免許取得のための学習に集中できなかったりするケースも多いようです。

なかには、盗難やいじめのようなトラブルが発生する場合もあります。

免許が取得できるか不安になった

日常と異なる環境で学習に集中できないなど、想像していたペースで学習を進められず、免許が取得できるか不安になる人もいます。

免許合宿では、学習期間に縛りがあることも不安感が増す要因となります。

合宿期間内に技能試験と学科試験の両方に合格しなければならず、つまづくとさらに不安が募る可能性もあるでしょう。

宿泊施設の部屋が汚い

Webやチラシで見たときは綺麗な宿泊施設の写真が掲載されていても、実際行ってみると思っていたより汚いと感じるケースもあるようです。とくに学校寮は古くて清潔感がない場合もあり、清潔な環境を好む人にはそれ自体がストレスになる可能性もあります。

できるだけ辛い思いをせずに免許合宿に参加する方法

免許合宿で辛いと感じやすい点を解説しました。ここからは、できるだけ辛い思いをせずに免許合宿に参加する方法を解説します。

友達と参加する

免許合宿の参加時期によっては、一人で参加する人の割合が高い場合もあります。しかし、合宿先で知り合いができないと、約2週間という期間は長く感じられるかもしれません。

友達と一緒に参加すれば、わからないところを教え合ったり、挫けそうになったときに励まし合ったりできます。自由時間には一緒に観光を楽しむこともできるでしょう。

また、ツインルームを利用すれば、一人でシングルルームを利用するよりも安い料金で参加できます。

休みがあるプランを選ぶ

免許合宿中に、休日を設定しているプランもあります。そのぶん合宿期間は長くなりますが、無料の観光プランを用意しているところもあり、休日には観光を楽しんで息抜きができます。

2週間一度も休みがないと息が詰まりそうと不安な人は、休日があるプランを選ぶと良いでしょう。

閑散期や学生の少ない時期を狙って入校する

学生より年齢が上の人は、免許合宿の閑散期である4月〜6月・10月〜11月の入校がおすすめです。

この時期は参加者が少ないため、比較的静かに学習ができます。また、お得なキャンペーンを実施しているところもあり、繁忙期に比べると安い料金で参加できるというメリットもあります。

延泊保証のあるプランを選ぶ

検定や試験に合格できなかった場合は、合格できるまで延泊しなければなりません。また、検定や試験以外にも体調不良や寝坊、事情による一時帰宅などで予定通りに教習を受けられなかった場合も、必要な教習を修了するまで延泊する必要があります。

延泊には追加料金が発生する場合もありますが、教習所によっては延泊の際に追加費用がかからない「延泊保証付き」のプランもあります。ただし、延泊保証には期間が定められているケースが多く、基本的には最短期間プラス3日~1週間程度です。

免許合宿でスムーズに卒業できない人の割合は約1割です。卒業できるかどうか不安な人は、延泊保証があるプランを選んでおくと良いでしょう。

口コミサイトを参考にする

免許合宿選びの際は、口コミサイトを参考にするのがおすすめです。「実際に行ってみたら、宿泊施設の部屋の清潔さや食事内容などがホームページの画像と違う」という場合もあるため、口コミで最近の卒業生の感想を確認しておきましょう。

実際に卒業した人の声から合宿全体の雰囲気を感じたり、持っていくと便利なものや周辺の環境などがわかったりすれば、イメージを掴んで準備できます。

免許合宿をより快適に過ごすためのポイント

免許合宿でより快適に過ごすには、どのような点に気をつけると良いのでしょうか。ポイントを押さえて快適な2週間を過ごしましょう。

ホテルやシングルルームを選ぶ

免許合宿の宿泊施設には、 学校寮、ホテルや旅館、マンションやアパートなどがあります。

友達と一緒に参加する場合でも、同じ宿泊施設の同じ部屋を選ぶ必要はありません。自室で勉強に集中したい場合は、シングルルームを選ぶのも選択の一つです。

より快適に過ごしたいなら、設備の整ったホテルを選びましょう。

娯楽ルームがある施設を選ぶ

一人で参加すると部屋に閉じこもりがちになる可能性もありますが、娯楽ルームがあれば、ほかの参加者とコミュニケーションが取りやすくなります。

また、料金が安いプランでは一つの部屋を大人数で利用するケースもあり、窮屈な思いをする場合もあります。その場合も娯楽ルームがあれば、部屋以外の広いスペースで気分転換しつつ時間を過ごせるでしょう。

観光しやすいエリアを選ぶ

短期集中の免許合宿にも自由時間はあります。自由時間を楽しむことができれば、気分転換にもなり学習の合間の息抜きにもなるでしょう。

娯楽施設や観光名所、温泉などが近くにある教習所を選べば、観光気分を味わいながら楽しく過ごせます。教習所によっては観光ツアーの特典を用意しているところもあるので、楽しみながら免許合宿に参加したい人は、観光ができるかもチェックしておきましょう。

免許合宿中に精神的に辛いと感じたときの対処方法

対策して合宿に臨んでも、免許合宿中に辛くなってしまった場合はどうすればよいのでしょうか。対処方法を解説します。

仲間に打ち明ける

免許合宿は同じ目的を持った参加者同士、顔を合わせる頻度が多く距離感が近くなりやすい環境です。そのため、辛いと感じることがあれば、知り合った仲間に打ち明けるのも良いでしょう。免許合宿では、励まし合って頑張れるのもメリットの一つです。

話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になり、自分だけが抱えている悩みではないと知るケースも多いでしょう。

教習所か旅行代理店に相談する

部屋の不都合やほかの参加者とのトラブルなどは、教習所か利用した旅行代理店に相談することもできます。

無視や陰口などのいじめは加害者が退学処分になる場合もあります。しかし、証拠がないとどんなに主張しても対応してもらえないかもしれません。

証拠があれば他者からも事実確認がしやすくなるので、嫌がらせなどを受けた場合はスマホのボイスレコーダー機能で録音するなどして相談しましょう。

転校を検討する

免許合宿の教習所は、途中で変えることも可能です。転退校する場合の料金は、教習所所定の計算方法に基づいて、退校当日までにかかった実費と解約手数料を差し引いた金額が返金されます。

合宿中に受講した教習や検定も他校へ引き継ぎできるので、初めからやり直しということもありません。ただし、仮免の有効期限は6カ月、教習の有効期限は9カ月となっており、期限を過ぎた場合は無効となります。

そのため期限内に転校先で卒業検定に合格する必要がありますが、辛いと感じたら無理に続けず、転校を検討するのも一つの方法です。

免許合宿は自分にあったプランと宿泊施設を選ぶのが大切

免許合宿は、短期間で効率的に運転免許を取得できるのがメリットです。一方、約2週間という期間に集中して免許を取得するため、タイトなスケジュールで教習を詰め込むことになります。そのため休みがなく、短期間で合格できるか不安になるなど、辛さを感じる場合もあります。

また、料金を安くしようと相部屋を選んでしまうと、気が休まらずにストレスがたまったり、学習に集中できなかったりするケースもあるでしょう。一人で参加して合宿先で友達ができなければ、孤独感を感じてしまう場合もあります。

そのため、免許合宿は休みがあるプランや観光特典付きのプラン、設備の整った快適なホテルや娯楽ルームのある宿泊施設など、無理なく参加できるプランや宿泊施設を選ぶことが大切です。

自分に合ったプランや施設を選んで、免許合宿をできるだけ快適に過ごしましょう。

アバター画像
ジップラス編集部 運転免許コンシェルジュ

合宿免許

新着記事

【2024年】夏休みの合宿免許|生協窓口よりお得?徹底解説します!

東京都の運転免許更新センター・運転免許試験場・指定警察署|手続きの詳細から注意点まで解説

大型免許はどう取得する?費用や条件など疑問を解決しよう

友達にシェアする

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

電話で相談・お申し込みの方 050-1752-8093

【電話受付】平日:10:00-18:30/土日祝:9:00-17:30

フォームで仮お申し込みの方 入校仮申し込み

【電話受付】平日:10:00-18:30/土日祝:9:00-17:30

Copyright© 合宿免許を探すなら【Do-Live】 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.