人気のこだわり条件で探す

学校を探す

宿舎を探す

運転免許コラム

運転免許や合宿免許に関する役に立つ事がたくさんまとめられているよ。

合宿免許

免許合宿にピッタリな服装は?シーズンや地域ごとポイントを解説

免許合宿を前にどんな服装を選べば良いのかは悩みどころでしょう。免許合宿では運転に集中できる服装であることが求められます。中にはアクセサリーやつけ爪、サングラスのような装飾品は不可といった決まりを設けている教習所もあり、普段通りの感覚で服装を決めてしまうと、いざ免許合宿に向かっても教習が受けられないことにもなり兼ねません。

ここでは、免許合宿の服装の基本から、地域や季節に合わせたおすすめの服装も解説するので、免許合宿の荷造りの参考にしてください。

免許合宿の服装は動きやすいものがおすすめ

安全に運転できるよう、免許合宿の服装は動きやすく機能的であることが重要です。ここではどのような点に気をつければ動きやすく、快適に過ごせるのかを紹介します。

袖つきトップス・パンツスタイルが基本

動きやすさを優先した、袖付きトップスと丈の長いパンツスタイルが基本です。これは男性も女性も同様となります。袖付きトップスというのはノースリーブやタンクトップではなく、Tシャツやトレーナーのように袖がついているもので、半袖・長袖は問いません。

たとえばトップスはトレーナーやパーカ、シャツ、Tシャツといった服装がおすすめです。ズボンはジーンズやチノパン、ジャージなどが挙げられます。

特に、技能教習で実際に教習車を運転する際は、安全に運転できるように動きやすさを重視した服装がおすすめです。袖付きトップスであっても、袖部分に大きなふくらみがあるものや、フリルなどの装飾があるものは、運転の際に引っかかってしまうこともあるので不向きです。

スカート・オーバーサイズなどは避ける

動きを制限してしまう可能性がある服は、免許合宿中は避けたほうが良いです。例として、スカートやオーバーサイズの服、ハーフパンツ、肌の露出が多いトップスが挙げられます。

肌の露出が多いトップスは、シートベルトが地肌に当たってしまうため、動きを妨げる可能性があります。指導員が運転技能を確認する際に体のあちこちを目視でチェックするため、視線が気になって運転に集中できない可能性もあります。

膝よりも丈が短いスカートやハーフパンツは、運転中に下着や足の見え方が気になってしまい、運転に支障をきたすかもしれません。

また、ロングスカートは靴で裾を踏んでしまい、アクセルやブレーキをうまく踏めません。正しいタイミングでブレーキやアクセルを踏めているか、指導員が確認できないため、教習所によっては、スカートが禁止されている場合もあります。

スカートや裾が広がってつま先が隠れるようなズボンは持ち込む服装から外すか、ひざ丈に抑え、下にスパッツを履いて動きやすさを確保しておきましょう。

バイクの場合は長袖・長ズボンが基本

転倒の可能性に備えて長袖と長ズボン、靴下、バイク用のグローブや雨具を用意しましょう。風圧で広がらない厚手の上着や、裾が広がらないタイプのジーンズなど生地のしっかりとした長ズボンがおすすめです。

教習所側から、グローブ、ブーツ、プロテクターなど、事前準備の指示を受ける場合もあります。ヘルメットは、自分に合うサイズを購入して用意しておくと、より安心して教習を受けられるでしょう。

気温に合わせた調節のしやすさも大切

夏の時期に教習を受ける際は、カーディガンやパーカー、長袖シャツなどを1枚用意しておきましょう。学科教習を受ける施設内にエアコンが効いていて体が冷えてしまうと、勉強に集中しにくくなるためです。

また、夏場でも朝晩は冷え込む地域もあります。体調を崩して教習を受けられないと、免許合宿の期間が延びてしまうこともあります。

冬の時期は、保温性が高く、かつ軽い薄手のアウターがおすすめです。厚手のアウターは運転中に体の動きを妨げる可能性があるほか、持ち物が増えてしまいます。

薄手のインナーを重ね着したり、マフラーや手袋を活用して冷気が手首や首元から入らないようにしたりするなど、寒さ対策をしておきましょう。

免許合宿で履く靴は運転しやすいものを

免許合宿では靴は服装と同じように安全性と運転しやすさを重視した、スニーカーや運動靴がおすすめです。どのように選べば良いか、3つのポイントを解説します。

スニーカーや運動靴がおすすめ

車を運転しやすいように、スニーカーや運動靴がおすすめです。履きなれている靴であれば、ジョギングシューズも良いでしょう。動きやすさはもちろん、ペダルを踏んだ時の感触を足裏で感じやすい靴であることを重視して選びます。

なぜなら、ブレーキペダルやアクセルペダルの踏み込み具合で、車のスピードコントロールを行うからです。靴底が厚いと感覚がつかめず荒い運転になってしまい、技能上達を妨げる恐れもあります。

ブーツ・サンダルなどは避ける

ヒールが高いサンダルやブーツ、厚底の靴、ビーチサンダルのような、不安定でペダルを踏む感覚がわかりにくい靴は避けたほうが良いでしょう。安全性が確保できないと判断されて、教習を受けられない恐れもあります。

教習所によっては、靴を貸し出してくれることもありますが、安全性のある靴を購入するよう求められ、余計な出費になるかもしれません。ついサンダルを履きがちな夏場や、雪深くてブーツを選びがちな冬は注意が必要です。

技能教習に使うための靴を一足別に用意しておくのも良いでしょう。

室内用のスリッパ・サンダルも用意する

宿泊施設内での用途なら、スリッパやサンダルを用意しておくと便利です。施設側で用意されているスリッパは教習生同士で履き間違えが起こったり、共用物なので衛生的な点が気になるという人もいます。

個人のものとわかるスリッパやサンダルであれば、室内でくつろげるだけでなく、他の人に間違えて履かれることもないためストレスもおさえられます。

【シーズン別・地域別】免許合宿の服装選びのポイント

ここでは、シーズンや地域別に、服装のポイントをまとめて解説します。免許合宿を受ける予定の地域を目安に、用意する服装の参考にしてください。

春といっても、地域によっては防寒性を重視した服装のほうが便利なこともあります。3月、4月、5月の服装を見ておきましょう。

地域 3月 4月 5月
北海道 雪の残る時期、コートやマフラー、手袋や防水の靴、保温性が必要
  • 3月と同じような寒さが残る地域も、コートやジャケットで防寒対策
  • 関東などからくる場合は寒さで体調を崩す可能性もあり、マフラーや手袋もあると便利
  • 上旬は20℃前後になる日も出てくるが、昼夜の寒暖差が激しいため薄手のアウターがあると便利
  • 肌寒く感じる日が出る可能性がある
東北
北陸
  • 上旬はコート、マフラー、手袋、防水の靴が必要
  • 下旬は少し厚手の上着でOK
  • 下黄砂の付きにくい服を選ぶと良い
  • 関東に比べると1~2週間ほど時期が遅れて暖かくなる
  • 気温が急に上がることもあるため、薄手の服装も用意すると安心
  • 雨が多くなりやすい時期。気温に合わせた服装だけでなく、雨具が必要
  • 5月後半の入校をする人は、梅雨入りする可能性まおるため、折り畳み傘を持っていくと便利
山陰
関東
  • 上旬はコートやマフラー、手袋が必要
  • 下旬はジャケットがあると良い。着脱しやすいものがおすすめ
合宿中に一気に気温が上がることも、少し薄手の服装も用意すると安心
東海
関西
  • 関西より西は一気に暖かくなり、厚さを感じることもある
  • 日中はTシャツだけで過ごせるように用意
山陽
四国
九州
沖縄
  • 上旬は、長袖・長ズボン(厚手でない)、外出時用の厚手のジャケットまたは薄手のコートが必要
  • 下旬は半袖・薄手の長ズボン、薄手・長袖の上着を用意
  • 夏のような暑さを感じる日も出てくる
  • 関西より東の場合は、寒暖差が激しいことも
  • 梅雨入りし、蒸し暑さを感じる日が出てくる
  • 半袖半ズボンでも過ごしやすいが、安全を確保するために薄手の長袖の上着や長ズボンがあると便利

夏に入ると、つい半袖や半ズボンを選びがちです。湿気が強くなる時期でもあり、エアコンで冷えやすいこともあるため、薄手の長袖やシャツが活躍します。

エリア 6月 7月 8月
北海道 時折寒い日があるため、ジャケットやセーター、薄手のコートがあると便利 日中は半袖も着やすくなるが、朝晩が冷え込むこともあるため、パジャマは長袖長ズボンを用意すると安心
東北 梅雨に入ると肌寒く感じる日もある、薄手のカーディガンやジャケットなど1枚羽織れるものを用意
  • 梅雨明けに当たる時期、急に暑さが増してくることもある
  • 袖をまくると半袖にできるシャツなど、切り替えやすい服装がおすすめ

     

室内や車内のクーラーで体が冷えたり、野外で暑さを感じたり、寒暖差を感じる地域が増える。薄手のシャツやカーディガンなど、気温を調節しやすい長袖があると、室内は便利

 

北陸
  • 薄手の長袖や長ズボンがおすすめ
  • 肌寒さを覚える日があるため、カーディガンなど気軽に脱いだり着たりできる服があると便利
山陰
関東
  • シャツと長ズボンで気軽に過ごせる時期
  • バイク教習の場合は長ズボンや長袖も忘れずに
東海
関西
山陽
四国
九州 蒸し暑さが出てくるため、風通しの良い服を選ぶと過ごしやすい
  • 前半は蒸し暑い梅雨の時期、風通しの良い服装が便利
  • 後半から夏らしい暑さが続くため、直射日光対策に薄手の長袖もおすすめ
  • 教習時は長袖長ズボン、それ以外は半袖など暑さ対策を重視
  • 直射日光も強くなるため、日焼けを防ぐためのアームガードも便利
沖縄
  • 湿度が80%を超える日も出てくるため、薄手の長袖や長ズボンがおすすめ
  • 紫外線が強くなるため、日焼け対策に長袖シャツを持っておくと便利
  • 降水量が少なく、平均気温が31度を超えてくる。風通しの良い服装と熱中症対策が必要
  • 7月中旬以降は台風が接近することも、雨具を用意
  • もっとも暑い時期、汗をかいたときに備えて下着を多めに用意すると便利
  • 台風が接近しやすい時期、雨具を用意しておくと安心

地域によっては冬に入る、9月や10月、11月は、服装を切り替えながら過ごせるように用意しましょう。寒さが増す北海道や東北、九州より東では、寒さ対策や雪に伴う防水対策が重要です。

地域 9月 10月 11月
北海道 上旬でも地域によっては寒さが増してくるため、長袖のシャツやセーター、カーディガンを用意
  • ジャケットやセーター、コートなど寒さ対策が重要
  • 手元や足元から冷えないように、靴下や手袋、マフラーも必要
  • 冬に入るため防寒対策を重視、ウインドブレーカーもあると安心
  • コートはフード付き、防水対策済みの靴や手袋を用意
東北 薄手の長袖のシャツでも過ごしやすい 長袖のシャツやズボンを用意、外出に備えて薄手のコートがあると暖かい
  • 厚手のセーターやカーディガンがおすすめ
  • 手袋やマフラーで手首や首元の寒さ対策
北陸
  • 上旬から中旬にかけて、残暑が厳しいことも多い。長袖と半袖双方の服装があると安心
  • 熱中症対策も大切な時期、暑さ対策に涼しい衣服もあると便利
  • 長袖のシャツや長ズボン。上からカーディガンやジャケットがないと肌寒く感じることも
  • 10月下旬は寒さも増すため、手袋やマフラーなど防寒対策もおすすめ

     

朝晩と日中でも気温が大きく異なる。ニットやマフラーがあると暖かく過ごせる
山陰
関東
東海
関西
山陽
四国
九州
  • 朝晩の寒暖差が出始め、長袖と半袖双方の服装があると安心
  • 薄手のカーディガンやベストがおすすめ
  • 上旬までは薄手のカーディガンやジャケットでも過ごしやすい
  • 中旬以降は寒さ対策を重視
沖縄
  • 台風の影響で蒸し暑さが感じられるため、教習中を除くと半袖や半ズボンが過ごしやすい
  • 下旬から涼しさが感じられるため薄手の羽織りがあると便利
  • 半袖でも過ごせるが、まだ紫外線が強いため薄手の長袖がおすすめ
  • 下旬から涼しさがさらに増す、足元も冷えやすい
  • 上旬なら薄手の服装でも過ごしやすい
  • 下旬に入ると天候が不安定になり、朝晩が冷えやすくなる。薄手の上着があると便利

寒さが厳しくなる季節であるとともに、雪が多い地域では防水対策も重要となります。

地域 12月 1月 2月
北海道
  • フード付きのコート、裏起毛の保温性重視の衣服がおすすめ
  • 靴や手袋は防雪性と安全性を重視して選ぶ
  • タイツなど防寒対策グッズを用意
  • ズボンを裏起毛にする、保温性のあるタイツを履くなど、防寒対策が必須
  • 雪道を歩きやすいスノーシューズ(スノトレ)がおすすめ
  • コートやマフラーなど防寒グッズも忘れずに
まだ寒さが厳しい、1月と同じような服装がおすすめ
東北
  • 天候が安定しにくいため、防寒対策と防雪対策が大事
  • 靴は防水性を重視して選ぶ
北陸
山陰
関東
  • 雪が多い地域:防寒・防雪対策を重視、フード付きのコートやニットがおすすめ
  • 雪が少ない地域:風が冷たく強いため、ウインドブレーカーなど保温性を重視
  • 風が強い地域:風を通しにくいコートや、ニットがおすすめ
  • 雪がある地域:雪が積もる可能性があるため、防水性のあるスニーカーやスノトレがおすすめ

     

  • 風が強い地域:コートが必須、防寒・防風性が強いものを選ぶ
  • マフラーや手袋は防水性を重視
東海
関西
山陽
四国
  • 上旬:セーターや薄手のコートでも過ごしやすい
  • 下旬:関東や東海などのように、コートや手袋など防寒対策が必要になる
九州
  • 寒さは残るものの、2月下旬から暖かさが増す
  • 寒暖差に対応できるように、部屋着やパジャマは暖かいものがおすすめ
沖縄
  • 無理して半袖で過ごそうとすると寒い時期になる
  • 長袖、長ズボン、薄手のコート、ジャケットがおすすめ
  • 風が強いため風を通しにくい服を選ぶ
  • 気温は10℃以上、秋服を用意していくと過ごしやすい
  • 暑く感じられる日もある
  • 雨が多いため靴は防水性を重視
朝晩は15℃を下回り、日中は20℃を超える。気温差が激しいため、暑さと寒さ双方に対応できる衣服が必要

免許合宿で便利な洗濯道具

最短で14日かかる免許合宿中には、洗濯が必要になるシーンも出てきます。ここでは持っていくと便利な洗濯道具を3つ紹介します。

洗剤・柔軟剤

小さなビニール袋やペットボトルに日数分、洗剤や柔軟剤を入れて小分けで持っていくのがおすすめです。宿泊施設や近くのコンビニ・ドラッグストアなどで購入もできますが、少量で売っていないことも多く、荷物になることもあります。

ペットボトルなどに入れて小分けで持ち込めば、場所を取らず、経済的です。

ハンガー・ピンチハンガー

洗濯物を干す場所が宿泊施設によっては確保されていることもありますが、数が足りずに衣類が干せないこともあります。そこで自分用のハンガーやピンチハンガーなど、部屋干しに仕える道具を持っていくと、洗濯物を干すのに役立つでしょう。

また、基本的には最短でも14日間は寝泊りが必要です。ハンガーがあると、コートなどアウターにシワを作らず管理できます。

洗濯ネット

施設内の洗濯機やコインランドリーを使う際に、衣類を入れて洗うための洗濯ネットがあると重宝します。下着や衣類の形崩れを防止するほか、下着などを隠す際にも使えます。

また、洗濯ネットに脱いだ後の服を入れておけば、服の管理や持ち運びもしやすくなるでしょう。複数あれば、持ち物整理にも役立ちます。

【Q&A】免許合宿の服装選びについてよくある質問

ここでは、免許合宿のよくある質問の中から、衣服に注目した内容を解説していきます。

何日分の服を用意すれば良い?

荷物の量にもよりますが、可能であれば下着は4日から5日分、衣服は最低3日分あると良いでしょう。なぜなら、免許合宿は最短でも14日程度の滞在になり、教習所の設備状況によってはこまめにコインランドリーなどで洗濯できないこともあるからです。

また、衣服も組み合わせやすいもの、上着として活用できるものなど、使いまわしの良さを考慮して選ぶのがおすすめです。季節によっては肌寒さを感じたり、朝晩の寒暖差が大きいこともあります。

あわせて部屋着やパジャマがあると、施設内でのリラックスタイムにも便利です。

免許合宿の初日の服装は?

初日から技能教習を受けることもあるため、自宅を出るときから動きやすい服装を意識し、靴もスニーカーのようなものがおすすめです。

教習所の立地上、坂道が多い、平坦な道ではないなど、足場が悪いこともあります。初日に運転するわけではありませんが、さまざまな状況を想定してできるだけ動きやすい靴を選びましょう。

スカートを履かないほうが良いのはなぜ?

安全性の確保と、細かな指導を受けやすくするためです。 ロングスカートは足にまとわりついてしまうため、ペダルをよく踏む車の運転では不向きです。適切な操作ができず、事故につながる危険性があります。足にまとわりつかないようなタイトなスカートだと、足が動かしづらく、ペダルの操作もしにくいです。

また、ロングスカートを履いていて、うっかり車のドアにスカートを挟んでしまうということもあります。初心者が安全に車の運転方法を学ぶにはスカートよりもズボンのほうが適しています。教習所によってはスカート着用を禁止していることもあるほどです。

あわせて、技能教習ではペダルをどんなタイミングで、どの程度踏み込んでいるか、正しい姿勢で運転できているかなど、指導員が目視で確認します。指導員が服や体に注目しているわけではなくても、視線が気になってしまうということもあるかもしれません。

そのほかに身だしなみで注意すべき点は?

運転を妨げる可能性があるものや、運転に必要ではないものははずしておきましょう。指導員は運転時の目線や顔の向きも確認するため、サングラスやカラーコンタクト、帽子、バンダナも使わないほうが良いアイテムです。 注意すべきアイテムの例は、以下を参考にしてください。

  • 帽子やバンダナなど頭につけるもの
  • サングラスやカラーコンタクトなど視線がわかりにくくなるもの
  • つけ爪などハンドル操作に支障が出るもの
  • 過剰なアクセサリー

教習所によっては、他にも細かく身だしなみについて規定があることもあります。運転免許を取得するための知識と技術の習得に集中できるよう、規定を確認して、もっていかない、あるいは、自由時間に使うようにしましょう。

免許合宿は動きやすい服装で安全に技術を学ぼう

免許合宿は、短期間の運転免許取得を目指し、運転に必要なことを覚えるための学習と技術の習得に集中できる時間です。普段とは違う環境や、免許合宿を受けに来た仲間と出会えるため、ファッションに気を遣いたいのも正直なところです。

しかし、安全性やマナー、気候に合わない衣服を選ぶと、体調を崩す、教習が受けられないなど教習スケジュールに影響が出る可能性もあります。安全性が確保できない衣服だと、適した服の現地調達が必要になることもあるため、事前の準備が大切です。

充実した時間を過ごし、運転免許を予定通り取得できるように、今回紹介したポイントを押さえて安心して免許合宿に向かいましょう。

アバター画像
ジップラス編集部 運転免許コンシェルジュ

合宿免許

新着記事

【2024年】夏休みの合宿免許|生協窓口よりお得?徹底解説します!

東京都の運転免許更新センター・運転免許試験場・指定警察署|手続きの詳細から注意点まで解説

大型免許はどう取得する?費用や条件など疑問を解決しよう

友達にシェアする

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

電話で相談・お申し込みの方 050-1752-8093

【電話受付】平日:10:00-18:30/土日祝:9:00-17:30

フォームで仮お申し込みの方 入校仮申し込み

【電話受付】平日:10:00-18:30/土日祝:9:00-17:30

Copyright© 合宿免許を探すなら【Do-Live】 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.